ほうれい線 原因と対策

ほうれい線の原因

 

ほうれい線の原因と対策

 

ほうれい線は鼻の両側の部分から口元に広がる、八の字状の線がそれです。だれしもこうしたものはありますが、年齢を重ねていくと、その線が色濃くなり、際立ち、老けて見えるようになっていきます。

 

ほうれい線の原因として考えられるのはいくつかあり、真皮層によるものか、表皮層によるものかで分かれます。

 

真皮層によるものは深い線になりやすく、たるみの時と同様、紫外線などで線維芽細胞がやられ、コラーゲンやヒアルロン酸が生成されにくくなり、重力によって口元の皮膚がたるんでしまうことで線が太くなってしまうようなたれ方になってしまいます。

 

表皮層によるものは、表情のクセ、乾燥、むくみが原因として考えられています。表情のクセの場合、特定のクセ、動きをすることでそれがシワとして定着し、ほうれい線になってしまうことがあります。

 

表皮性のものは、年齢に関係なく、若い人でもなってしまうものです。つまり、若くして老けて見えるような状況というのは、表情のクセなどが原因となっていることが考えられます。

 

もし、皮膚のたるみが影響をしているというのであれば、たるみの対策と同じことをすればいいですが、まずはどちらの要因が色濃いのかを知ることが大事です。

 

ほうれい線の対策

 

ほうれい線の原因と対策

 

ほうれい線の対策は、線の細さ、真皮層のものか、表皮層のものかで決めていくことが求められます。真皮層の場合には、コラーゲンの生成を考えることが大事です。

 

たるみの時と同様、バランスのいい食事、良質な睡眠、表情筋などを鍛えるなどをし、スキンケアをちゃんと行うことでハリの改善をすることが可能になります。

 

また、エイジングケアを適切に施すことで、真皮層によるものをある程度抑えることもできるようになります。

 

表皮層によるものですが、表情のクセが原因の場合には、そのクセがどんなものかをまずは認識し、そのクセをできるだけしないようにすることが大事です。

 

ただ、これだけでは不十分であり、そう簡単にクセを改善させることはできないため、エイジングケアやスキンケアを合わせて行うことで改善を図ることが求められます。

 

また、むくみなども原因となるため、むくみをとってあげることも必要になっていきます。

 

これらの対策からもわかるように、たるみとほうれい線は、どちらも同じような原因で発生することが考えられます。

 

そのため、セットで対策を立てていくことで、一挙に解決する、もしくは今まで以上に予防をしていくことができるようになります。