シミ 原因と対策

シミの原因

 

シミの原因と対策

 

シミにはいくつか種類があるため原因もそれぞれ異なりますが、最も多い原因は紫外線によるものです。

 

シミのメカニズムは過剰に作りだされたメラニン色素がターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまうことで、加齢やナイロンタオルによる摩擦など物理的刺激やストレスのほかにホルモンバランスの乱れなど内的要因もあります。

 

紫外線により角化細胞に異常が起こると色素細胞にメラニンを作るよう指令がで続けることになり、どんどん作りだされてしまいます。

 

過剰に作りだされたメラニン色素はやがてターンオーバーとともに排出しきれなくなり、皮膚の表面に残ってしまいます。

 

頬骨の高いところやこめかみにできやすい老人性色素斑は、平坦で丸く数ミリくらいの大きさです。

 

30代や40代の女性に多く見られる肝斑は頬骨や鼻の下、額に左右対称に現れる濃淡の均一なシミで、閉経とともに消えるので女性ホルモンが関係しているといわれています。

 

妊娠中やピルを服用しているときにも出やすいのが特徴です。

 

小さな斑点が鼻の周りを中心に顔全体に散らばって出るそばかすは、遺伝的なもので小学生から出はじめ、成長とともに増えたり紫外線の影響で濃くなる傾向があります。

 

シミの対策

 

シミの原因と対策

 

以前はなかったのにいつの間にかできてしまったシミや目立つもの、あまり目立たないけど気になるものなど人それぞれですが、なくなってほしいと願う存在であることは確かです。

 

間違ったケアで逆にできやすい肌になる前に、正しい対策を見につけることが大事です。

 

シミを改善させるのにもっとも効果的な対策は肌を健康に導くことで、化粧品できちんとケアすれば満足いく結果が得られます。

 

エイジングケア対策の化粧水は洗顔後の肌にたっぷりと馴染ませ、コットンを使って浸透させていきます。時間がある場合はフェイスマスクでパックをすることで、より効果的にケアできます。

 

化粧水の後は乳液ですが、適量をパーツごとに分けてつけていき、最終的に全体をなじませるように軽く伸ばしていきます。

 

皮膚の乾燥が目立つ場合は乳液の代わりにクリームでも構いません。シミは一度できてしまうと消すのがやっかいなものですから、はじめから作らないことが先決です。

 

夏に限らず一年間を通した日差しへの配慮と、ストレスや肌への摩擦に気をつけます。日焼け止めをしっかりと使って、肌を守ることが一番です。さらに日傘や帽子などを併用するなど、日差しを遮るアイテムは必需品です。