しわ 原因と対策

しわの原因

 

しわの原因と対策

 

目尻や口元のほかに、おでこの部分など年齢を重ねるごとに皮膚は老化してしまうため、しわは老化現象の代表的なものといっても過言ではありません。

 

初めのうちはうっすらとしていますが年齢が上がるごとにどんどん深くなっていきさらに濃くなっていきます。数が増えるごとにその顔は女性ならおばさんからおばあさんへと変化していき、昔の印象と全く変わってしまいます。

 

いくら年齢と人生経験を重ねた証といっても本音はできるだけ少ないほうがうれしいもので、原因を知って対策することが重要です。

 

種類を大きく分けると表皮の機能低下によって発生するものと真皮の機能低下によって発生するものがあり、後者はより深いという特徴があります。

 

様々な原因が考えられますが、乾燥と紫外線によるダメージが大きく影響しています。乾燥には加齢による水分保持力の低下と気温や温度の低下による乾燥があります。

 

紫外線による肌ダメージは肌のハリを支える真皮部分に影響し、コラーゲンが減少してエラスチンが劣化することで起こります。

 

日中に紫外線の対策をせずに長い間日差しに当たり続けた結果、弾力低下が起こりこまめに対策をしていた人よりもより深いしわを作ってしまいます。

 

しわの対策

 

しわの原因と対策

 

表皮にできる小じわの最大の原因は肌が乾燥しているためですが、表皮の最上層である角質層が水分不足になっているということです。

 

つまり角質層の水分保持機能を正常に戻すことができれば対処が可能となり、化粧品を使って保湿をすることが一番の対策になります。

 

エイジングケアの化粧品にはしわ対策が考えられていて、肌老化の悩みに応えてくれます。紫外線を長年浴びることでしわができる現象を光老化といいますが、老化にかかわる紫外線から肌を守ることが大事です。

 

紫外線は表皮の新陳代謝に悪影響を与えて肌の潤いを奪ってしまうほか、あらゆる肌老化現象の原因となっています。そのため日常生活の中で紫外線を極力浴びないようにする工夫が必要です。

 

日焼け止めやUVカット機能がついたアイテムを駆使して肌を守ることはエイジングケアにつながり、老化現象を食い止めることになります。

 

角質層の潤いを保つ天然成分は20歳をピークに年々減少していくため、洗顔後に保湿成分を含んだ基礎化粧品を使うと効果的です。

 

保湿機能の高い成分を肌に充分与えることで角質層の水分保持力をサポートすることになり、肌のバリア機能も高まるためさらに潤いを保つことができます。