たるみ 原因と対策

たるみの原因

 

たるみの原因と対策

 

見た目の年齢を上げてしまう要因にたるみがありますが、その原因として弾力の低下があります。皮膚の真皮層と呼ばれる部分には、コラーゲンやヒアルロン酸などがあり、それによってハリが保たれています。

 

しかし、それが何らかの要因によってバランスを崩し、それがたるみへとつながっていってしまうというものです。

 

この場合の原因としては紫外線が挙げられます。紫外線は真皮層まで届き、コラーゲンやヒアルロン酸などを生成する線維芽細胞と呼ばれる細胞にダメージを与え、生成量を減らします。

 

それだけではなく、分解する酵素がさらに悪影響を与え、ハリを失わせることとなります。生活習慣でも悪影響を与え、食生活のバランスが崩れることにより、線維芽細胞に栄養が行き渡ることなく、結果として活動を弱めることになってしまいます。

 

他にも乾燥によって角質層にある水分を低下させ、真皮層の水分をも奪うこととなったり、年齢を重ねることでヒアルロン酸の量が減ってしまうことも原因となります。

 

つまり、たるみを改善させるためには、紫外線をブロックすることや水分を保つこと、栄養をしっかりと取ることが大事であり、いくらでも防ぐことは可能であるとも言えます。

 

たるみの対策

 

たるみの原因と対策

 

たるみ対策として、顔の筋肉を鍛えることが大事です。顔には表情筋、深層筋があり、これらを鍛えることで皮膚を支え、ハリを作ることだけでなく、栄養を全体に行き渡らせることが可能です。

 

これらが衰えることでもたるみは起こるため、改善を考える場合には表情筋などを鍛えることが大事になります。

 

次に、スキンケアを欠かさないということです。水分の減少に伴う感乾燥は間違ったスキンケアによって悪化させてしまうことが指摘されています。

 

特にお風呂から上がり、何もしない時間帯が長引くと、お風呂から上がった段階からすでに乾燥が始まり、適切なことができないままになってしまうことがあります。

 

バランスのいい食事をとること、ちゃんとした睡眠をとること、そして、顔へのマッサージをすることも必要です。バランスのいい食事を考えた場合、線維芽細胞の活動に大切なタンパク質、ビタミンCの摂取が必要となります。

 

これと良質な睡眠、そして表情筋などを鍛えることにより、栄養がじっくり行き渡るような状態となります。

 

それにマッサージを加えることでたるみ対策は万全であり、老化によって防ぎきれないものはあるにしても、年相応の状態に保つことは大いに可能です。